脂質異常症

放置すると危険な脂質異常症

脂質異常症とは、血液中の悪玉コレステロールや中性脂肪が多すぎたり(高脂血症)、善玉コレステロールが少なすぎる生活習慣病です。「自覚症状がないから」「薬をずっと飲み続けるのが嫌だから」と放置する方がいらっしゃいますが、放置すると血中の脂質は増え続け、いわゆるドロドロ血液の状態に。ひいては動脈硬化を引き起こしてしまいます。困ったことに、動脈硬化にも自覚症状がなく、さらに放っておくと心筋梗塞や脳梗塞といった重篤な症状を招いてしまいます。脂質異常症は改善できます。動脈硬化、そしてその先の疾患を予防するためにも、放置せずにご相談ください。

脂質異常症の危険度チェック

  • ・家族に脂質異常症や動脈硬化症の人がいる。
  • ・高血圧である。
  • ・お酒を飲む習慣がある。
  • ・痛風である。
  • ・肥満傾向である。
  • ・運動しない。
  • ・血糖値が高い(糖尿病の方も含む)
  • ・脂っこい食べ物や肉が好き。
  • ・甘いものや乳製品、果物が好き。
  • ・ついつい食べ過ぎてしまう。
  • ・タバコを吸う。

複数当てはまる方は、健康診断の結果に注意しましょう。

健診結果を見てみましょう。

年に一度行われる健康診断での、血清脂質(血液中の脂質類の数値)に注目してみましょう。異常があれば生活習慣を見直す必要があります。

脂質異常症 3つのタイプ
  • トリグリセライド(中性脂肪)値が高い。

    150㎎/dl以上
    HDLコレステロールが減りLDLコレステロールが増えやすい状態。
    急性膵炎を引き起こしやすい状態。
  • HDLコレステロール(善玉コレステロール)値が低い。

    40㎎/dl未満
    LDLコレステロールが増えやすい状態。
  • LDLコレステロール(悪玉コレステロール)値が高い。

    140㎎/dl以上
    LDLコレステロールが多すぎる状態。

LDLコレステロールが動脈の壁に付着し動脈が厚く硬くなる

動脈硬化

脳卒中・心疾患(心筋梗塞等)

脂質異常症を放置すれば、生命に関わる重篤な症状を引き起こす危険が高まります。

脂質異常症の治療について

脂質異常症は生活習慣が引き起こす病気です。お薬での治療も並行しますが、原因は生活習慣にあるので、これを改善することが治療の第一歩となります。

初回受診問診・血液検査
検査を受ける数日間の生活や健康状態によって、結果の数値は変化します。健診結果が恒常的なものかどうかを見極めるため、再度血清脂質等の検査を受けていただきます。このとき、ここ数日の生活・健康状態についてお伺いします。
2回目受診問診・血液検査・お薬の処方・生活習慣のアドバイス
健診時・初回受診時の検査結果が恒常的なものかどうかを見極めるため、再度検査を行ないます。数値の異常が恒常的と認められた場合、治療がスタートします。治療の主な内容は、お薬の服用と、生活習慣の改善となります。
3回目~血液検査・お薬の処方・生活習慣のアドバイス
2週間~1ヶ月に一度程度、定期的にご来院いただきます。血液検査で血液中の脂質を調べ、お薬の効きなどをチェックします。効き具合によっては、量を調整したり、お薬を変更することもあります。長年の生活習慣が作ってきた脂質異常症は急には改善できません。自分のペースで生活習慣を改善しつつ、気長に治療しましょう。

生活習慣、ココに気をつけましょう。

食事
● LDLコレステロールが高い人…摂取する「油」の性質に気をつけましょう。
  • ・飽和脂肪酸を含む食品を減らし、不飽和脂肪酸を含む食品を増やす

    【飽和脂肪酸を含む食品】
    乳製品・牛肉・豚肉・ベーコン・ソーセージ・マーガリン・ショートニングなど

    【不飽和脂肪酸を含む食品】
    オレイン酸…オリーブオイル・菜種油・ひまわり油等など
    α-リノレン酸(n-3系)…サラダ油、しそ油、菜種油、えごま油など
    EPA(エイコサペンタエン酸)(n-3系)
    DHA(ドコサヘキサエン酸)(n-3系)
    …さば、さんま、本まぐろ、まいわし、はまち、真鯛、うなぎなど)

  • ・コレステロールを多く含む食品を減らす

    卵黄・卵・魚卵・レバーなど

  • ・野菜を積極的に食べる。
● リグリセライド(中性脂肪)が高い人…糖質と高カロリー食品、食べる量に注意!
  • ・糖質・アルコールを控える。摂取カロリーを抑えましょう。
運動
  • ・基礎疾患(持病)のある方は運動が勧められないことがあります。
    必ず主治医に相談の上、取り組んでください。
  • ・穏やかな有酸素運動(ウォーキング)などを継続しましょう。

禁煙

たばこに含まれるニコチンには、中性脂肪の原料となる血液中の遊離脂肪酸を増やす作用があります。また、交感神経を刺激させる作用があり、心拍数・血圧が上昇がり、心臓に負担をかけます。
さらに、たばこを吸うと、血液中のコレステロールが酸化して粥状動脈硬化が進行し、HDLコレステロールの濃度も低くなります。
つまり、お薬や食事・運動でせっかく値を下げる努力をしていても、たばこを吸えばもとの木阿弥になってしまうのです。脂質異常症の治療をしている方には、一刻も早い禁煙をおすすめしています。

当クリニックでもお薬による禁煙治療を行っています。詳しくはこちらをご覧ください。

診療日
午前 -
午後 -
お問い合わせ 恵比寿ガーデンプレイスクリニック外来受付